バイクを売るな?最悪バイク王の真実

最悪バイク王とネットで噂!その実態は?

バイクをお持ちの皆さん。或いは、今までにバイクを一度でも所有したことのある皆さんは、バイク王という業者のことをご存じでしょうか?
巷の様々な場面で、一度でもこの名前をご覧に成ったことがある方は多いのではないでしょうか。

 

それまで、バイクを手放す手段としては、いわゆるバイク販売店と呼ばれる店舗での下取りサービスか、ネットオークションなどを用いた個人取引が一般的でした。
個人取引の場合、非常に煩わしい交渉などが必要ですし、書類などの準備も必要となるため、一般の方にとっては、とても取っつきにくい売却方法です。
店舗での下取りの場合も、下取り価格が比較的安くなってしまうというデメリットがあるため、決して有益な売り方とは言えない問題がありました。

 

そうした、様々な問題を抱えたバイクの売却という面に於いて、手軽に利用する事が出来つつ、比較的高い価格で買い取って貰う事が出来るというメリットを持って登場したのが、バイク王を初めとしたバイク買取専門業者でした。
今では、それらのメリットを得る為、多くの利用者が買取業者を通じて売却しており、その中でも、バイク王という業者が、業界ナンバーワンの成績を誇っているほど。

 

ですが、ネットなどの情報でバイク王に関する検索をしてみると、出てくる情報の半分以上が、バイクに対しての悪い評判、最悪バイク王などの悪評と呼ばれるものばかりなのをご存じでしょうか・

 

実際、それらの悪評に目を通してみると、例えば、バイク王で売るとバイクを買いたたかれてしまったという意見や、まともな交渉が出来なかった、なんていう意見も見る事が出来ます。

 

その反面、バイク王は、業界ナンバーワンの買取実績を誇る業者。
果たして、どちらの情報を信じるべきなのでしょうか?
最悪バイク王か?業界ナンバーワンの実績か?

 

実際、これを書く私自身も、何度かバイク王を通じて所有するバイクを手放した経験があります。
この時のバイク王の人の対応は親切丁寧で、ぜんぜん最悪バイク王じゃなかったんですよ。
結論から言えば…最悪バイク王という噂はは、ユーザー側の思い違いであったり、固定観念の元で書かれていたり、最悪のものだと、ライバル業者によるネガティブキャンペーンといえるものばかりでした。

 

今回は、私の経験に基づき、そして、バイク王を利用した事のある他のユーザーの口コミを参考に、これらの悪評について追求してみます。

 

 

・最悪バイク王の悪評その1…バイク王は査定額を不当に低く見積もっている。

 

まずは、一番多く見られたこの悪評について。
確かに、バイク王という業者に関わらず、ネットなどを通じて行う査定での評価額と、実際にバイクを見て貰った上で出して貰う評価額には大きな開きが出る場合があるんです。
私自身が所有バイクをバイク王で売った際にも、ネットでの査定では30万円と言われたにも関わらず、実車での査定を終えた時には、20万円という価格にまで減らされたことがあります。
ただ、この点については、私は決して不満ではありませんでした。
というのは、ネット査定の段階では、バイクの基本的な情報や条件だけを伝えた上で出される価格だったんです。バイク王側も、その車種と年式、カラーや走行距離などの基本情報だけで判断した価格を提示してきます。いわば、ネットでの査定額は、そのバイクの最大の買取額といっても良いかもしれませんね。
そこから、実際のバイクを査定してみると、例えば、思った以上に傷が付いていたり、タイヤ溝がすり減っていたり、ハンドルなどの摩耗しやすい部分がオイル漏れを起こしていたりなど、現車を見て初めて気づくようなマイナス点も沢山有るんです。
また、バイク王では、こちらから価格に対しての不満を告げると、ネット査定での価格と現車査定での価格の違いがどうして起こったのかという点をしっかりと説明してくれます。
もちろん、現車査定でも特に問題が見られない場合は、ネット査定での価格とほぼ同額であったり、場合によっては事前の査定額を上回るような事もありました。
要するに、この悪評については、ネット査定での価格=決定額だと思い込んでいたユーザー側の、マイナス査定に対して納得できなかった故の過剰な反応だと言えます。

 

 

・最悪バイク王の悪評その2…交渉しようにも全く取りつくしまなく、強引に買取を迫られた。

 

最悪バイク王の悪評を見ていると、時々見られたものがこちらの意見。
バイク王で買取を依頼したところ、査定スタッフに対して交渉しようと試みたにも関わらず、全く相手にして貰えず、結果的には買取だけを迫られてしまったという意見。

 

確かに、こうした意見が登場する事自体は、場合によっては納得できるかも知れません。
というのは、実は以前まで、バイク王で買取を担当するごく一部のスタッフが、本部からの指導や教育には含まれていなかった強引な買取を迫ったことがあるという事実が、現在でもネット上で、主に大手新聞紙などの紙面として見る事が出来ます。
この事実に対しては、当時からバイク王本部でも詳細を掴んでいたらしく、社員教育の徹底によっても改善したようです。
更に、決定的だったのが、消費者庁と呼ばれる新しい省長の誕生でした。
この消費者庁の誕生によって、強引な買取行為などを禁止する法令の改正が行われたことによって、従来からコンプライアンスを心がけてきたバイク王では、更なる社員教育制度の強化を行ったそうです。
以後、同様のケースの問題は一切起こっていないようで、特に今年に入ってからは、こうした点に対しての悪評自体、存在していませんでした。

 

私自身も、今年に入ってから2台ほど、バイク王を通じてバイクを売却しましたが、どちらのスタッフさんも、非常に丁寧な、良い意味で営業スマイルを持った方だったので、気持ちよく取引することが出来ました。

 

ぜんぜん最悪バイク王ではなかったです(^_^;)

 

ネット上に残る悪評については、実は、相当古いものも沢山掲載されています。
4,5年ほど前の悪評にも関わらず、それが今のバイク王のサービスにも該当するかのようにネット上で扱われてしまっているようで

 

利口なバイクユーザーの方は、むしろ、ご自身の目と耳で手に入れた情報を最重視されることをおすすめします。

 

バイク買取についてのヤバイ情報とその対策は、こちらのバイク買取サイトが参考になります。